1663298316295.jpg

木目に沿うように 並んで眠る夜

思い出なんかじゃ 片付かない程

君の相槌が 妙に嬉しくて

忘れらんない 夕日が

君にとっても

同じ想いだってきっと

幻みたいな偶然を

探しまわった夏

今日で 終わってしまうなら

君に会えた それだけで ただ

泣きそうで 訊けなくて

繰返し笑い合うんだ

居たくなる旅

缶ジュース零した水しぶき

シャツの群青色が滲んでく

嫌な予感がふたりをいつか

蝕んでも簡単に消えないように

解けないように高架下夜道

汗っかきな問いに客観視

傷つけそうで瘡蓋みたいで

預けらんない さよなら

君までも

朽ち果ててしまう気がした

幻みたいな滑稽を

探しまわった夏

今日で 乾いてしまうなら

君が返した 雫は僕を

困らせて 許してくれて

繰り返し目を覚ました

痛くなる度

遠くを見つめてる 横顔を見てる

途中地点で留まる強さに

見惚れた陽

焼き付くように 目は逸らせず

夏が枯れる あゝ

忘れらんない 夕日が

君にとっても

同じ想いだってきっと

幻みたいな偶然を

探しまわった夏

今日で 終わってしまうなら

君に会えた それだけで もう

生きてもいいような 気がして

繰返し笑い合うんだ

居たくなる旅


隐藏资源

您需要注册登录后才能查看此内容!